乾燥肌に合うファンデの選び方

 

乾燥肌で時間が経ってくると粉をふいてしまう・・・。

 

そんな乾燥肌の人のファンデ選びとしては、やはりリキッドタイプやクリームタイプがベストでしょう。リキッドタイプやクリームタイプのファンデなら、ファンデ自体がしっとりしているので、乾燥肌の人には最適であると言えます。

 

もちろん、乾燥肌だからリキッドやクリームファンデーションしか選択肢がない、というわけではありませんが、普通に考えて乾燥肌にパウダーはちょっと相性が悪いですね。

 

乾燥肌の方の3つのポイント

ファンデーション選びでポイントになるのはテクスチャです。特に乾燥肌の人は肌の状態があまり良くないわけですから、特に以下の3つのポイントが重要です。

 

しっかりカバーしてくれること

肌に負担にならないこと

保湿力があり乾燥しにくいこと

 

上記3つのポイントを同時に満たしてくれるファンデーションが必要です。

 

リキッドやクリームタイプは保湿力が高くて乾燥しにくく、カバー力も高いのでオススメです。乾燥肌に良い成分が入っているファンデもあるので、乾燥肌に悩んでいる人にはピッタリですね。

 

水性と油性について

ファンデーションには水性と油性とがあり、その中でも細かい分類があります。

 

簡単に見分けるには塗った肌を濡らした時に水をはじくかどうかでわかりますが、店頭や通販では確かめるわけにもいきませんので、ラベルで確認しましょう。

 

乾燥肌の人は軽いファンデーションを選びたい気持ちがあるので、水でも落とせる軽い水性を選びがちです。でも実は乾燥肌に向いているのは油性のファンデーションの方なんですね。

 

油性なら肌の中の水分が蒸散するのを防いでくれるので、適度に保湿してくれるはたらきがあります。油性でもテクスチャが軽いものもちゃんとありますので、いろいろ試して探してみましょう。

 

クレンジングについて

乾燥肌で注意が必要なのは、クレンジングの時です。
ファンデーションは塗っている時よりも落とす時のほうがダメージが大きくなるからですね。

 

油性ファンデーションが嫌われる理由はそこにもあって、落としにくいものの場合、肌に刺激を与えるクレンジングになる場合があるので注意が必要ですね。保湿力が高く、しかも落としやすいというのが選ぶポイントになるのです。

 

乾燥肌にはリキッド・クリームタイプがいい?

 

「結局のところ、乾燥肌にはリキッドタイプかクリームタイプが良いわけでしょう?」と聞かれれば、保湿面をみて確かにそれらのタイプのほうが効果が高いと言えます。

 

 

リキッドタイプのメリット

リキッドタイプやクリームタイプは、カバー力が高く、乾燥しにくいのがポイント。一番のメリットは肌にとても密着して肌の水分が蒸散するのを防いでくれることです。

 

また、伸びが良くカバー力も高いので、仕上がりがとても艶めいてキレイな肌になれることです。

 

キレイに見せるためにメイクをしているわけですから、当然、肌への負担ばかりを考えているわけにもいきませんよね。肌を守りながらキレイに仕上がるというのが大きなメリットです。

 

リキッドタイプのデメリット

リキッドタイプやクリームタイプは、肌へ密着してこそメリットが出ます。

 

ということは、当然、メイクを落とす時には肌の中からキレイに取り除くのはパウダーファンデーションよりも手間がかかるということになります。

 

特にクリームファンデーションはかなり油分が多く、専用のクレンジング剤を必要とするものもあります。そうした専用のクレンジング剤が必要なリキッドファンデは肌への刺激になって、乾燥肌に炎症を起こす場合もあるので注意が必要です。

 

★ファンデーションの前後がポイント

 

乾燥肌にリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使う場合には、ファンデーションを乗せたりオフしたりする前後の準備が大切な鍵です。

 

洗顔から下準備までのコンディショニングと、オフした後のスキンケアを間違いなく行えば、デメリットを大幅に減らして上手く使いこなせるようになるでしょう。

 

↓乾燥肌にオススメのファンデがコレ!

乾燥肌にオススメのファンデーション一覧

敏感肌・乾燥肌用に作られたBBクリーム!

アヤナスBBクリームは1本で7役の効果を持った敏感肌や乾燥肌用に作られた人気No.1のBBクリームファンデーション。毛穴のデコボコやたるみ毛穴を隠せるファンデとしては1番ですね。ヒト型なのセラミドやヒアルロン酸も配合されたファンデだから保湿力に優れていて乾燥しらず。1本でスキンケアからメイクまでできてしまう優れものファンデです。

価格 3,800円(税込)
タイプ クリームファンデーション
紫外線 SPF25PA+++

美容液成分94%で1日中乾燥しないファンデ!

マナラ リキッドBBバーはとろける様によく伸びて、透明感のある自然なナチュラルメイクが簡単に作れるファンデーション。薄付きなのにカバー力も凄く毛穴もしっかり消せます。美容液成分が94%も入ったファンデだから乾燥肌さんでも1日中潤ったままキープできるというのが凄いです。血色がよく見える工夫がしてあるので見た目年齢もかなり低く見られます。1本あれば3〜4ヶ月も持つのでコスパも◎

価格 2,937円(税込)
タイプ リキッドBBファンデーション
紫外線 SPF35PA+++

乾燥肌の方に断然オススメ!1本7役の効果あり

リアンフルールは薄付きで保湿力も高い無添加リキッドファンデ。簡単で時短メイクが出来ちゃうファンデなのに保湿力もカバー力も高い。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、コエンザイムなど美容成分もたっぷり。リキッドタイプなのにメイク落としも簡単なのもポイント。1本で約4ヵ月も持つので経済的です。

価格 4,860円(税込)
タイプ リキッドファンデーション
紫外線 SPF22PA++

100%天然由来で肌に優しいファンデ

リソウのリペアファンデーションは100%天然由来でできているので肌にとても優しいファンデ。超微粒子成分が配合されているので、シミやシワなどもしっかりとカバーして、きめの細かい肌に。リキッドタイプもパウダータイプも両方試せる豪華な8点セットになっているのでかなりお得です。

価格 2,052円(税込)
タイプ リキッド&パウダー
紫外線 SPF28PA++

1本5役!600万本以上売れている定番ファンデ

マキアレイベル薬用クリアエステヴェールは美容液成分が62%も含まれているリキッドファンデーション。コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど50種類もの美容成分を配合しています。オフィスなどが乾燥していても1日中潤いと透明感をキープしてくれます。美白効果で有名なプラセンタが入ったファンデなんて相当贅沢なファンデです。

価格 3,990円(税込)
タイプ リキッドファンデーション
紫外線 SPF35PA+++

乾燥肌ファンデの効果的な使い方

乾燥肌の人がファンデーションを使う場合に、粉浮きせずにちゃんとカバー出来て、しかも肌の負担にならない方法があれば是非知りたいですよね。

 

ファンデーションを使う上でのテクニックについて学んでみましょう。

 

 

パッティングはマルかバツか?

専門家の間でも、ファンデーションの使い方について表現が割れているのが、ファンデーションのパッティングについてです。「乾燥肌の人は、ファンデーションを伸ばすのが間違いで、スポンジで叩きこむのが正解」だとする意見もあれば、「乾燥肌の人は肌が弱っているので、叩きこむ刺激はNG」という意見もあります。

 

「スポンジが刺激になるから手で塗り伸ばすべき」とする意見もあり、これでは混乱してしまいますよね。ただ、すべての意見が共通して指摘しているのが・・・

 

とにかく「摩擦を起こすな!」という点です。

 

スポンジを使おうと手指を使おうと、ファンデーションを肌にすり込むように使うのは間違いだと言っているわけです。方法は自分で納得の行く方法で良いと思いますが、とにかく肌にこすりつけないこと、やさしく丁寧に馴染ませて行くことが一番大事な点です。

 

スポンジに注意

自分の手指で馴染ませる場合には、当然最初に手指を清潔に洗う必要がありますが、もしスポンジを使う場合には、スポンジの清潔さにかなり注意を払う必要があります。

 

皮膚炎を起こしたり、吹き出物を作ったりする人の多くは、毎日ずっと同じスポンジを洗わずに使い続けていることが原因となっている場合があるのです。肌には常在菌が必ずいますので、使った後には洗うこと、そして出来れば使い捨てることが乾燥肌を守る方法だと認識しましょう。

 

別に高いものでなくても良いので、100円くらいでたくさん入っているスポンジの切れ端を使っても良いのです。顔中に細菌を塗り伸ばすようなことだけはしてはいけません。

 

ファンデーション前が重要

乾燥肌の人はファンデーションの使い方の前に、使う前の準備が重要です。

 

まず酸化した皮脂はちゃんと洗い流すこと。朝も洗顔料を使って軽くぬるま湯で洗顔したほうが肌への負担が軽くなります。面倒くさいからと言って省かないようにしましょう。