乾燥肌の原因は何?

乾燥肌の人が増えていますね!冬になると周りの空気が乾燥するので、誰でも多かれ少なかれ肌は乾燥しがちです。でも、「ちょっとカサついてるな」という程度では済まないのが乾燥肌。

 

電気が走るようなピリピリしたイヤな感覚や、ヒリヒリ、赤み、かゆみ、湿疹などが起こると、24時間ずっと気になって何も出来なくなってしまいます。

 

そんな乾燥肌は、一体どうして起こってしまうのでしょう?ある日突然発症してしまうこともある乾燥肌、決して「自分は大丈夫」なんて他人ごとではないのです。

 

・乾燥肌では何が起こっているの?

本来人間の肌は、ちょっとやそっとの乾燥では影響を受けないようにちゃんと出来ています。
それが度を越してダメージを受けているというのは、確かにイレギュラーな状態ですね。

 

肌を守る機能はいくつもありますが、特に水分量に関係するのが肌の「保湿システム」です。これを担っているのは皮脂やセラミドで、乾燥肌の中ではそれらのはたらきが低下していることが予想出来ます。

 

・皮脂のはたらき

分泌量が多いとオイリー肌になるので嫌われることも多い皮脂ですが、肌の潤いをキープするためにはとても大事な物質です。皮脂と汗とが混ざって天然のクリームになってくれることで、肌の水分が蒸発しないようにバリアを張ってくれますので、乾燥肌の人は普段のスキンケアで皮脂を取り去り過ぎていないか注意する必要があります。

 

また、皮脂は年齢とともにどうしても分泌量が低下しますので、若い時のままのスキンケアでは間に合わなくなる時期が来ます。最近乾燥気味だなと思ったら、スキンケアを見直してみる必要があるでしょう。

 

・セラミドのはたらき

セラミドは、規則正しく並んでいる角質細胞の隙間を埋めてくれている物質です。

 

ブロック塀の間を埋めるセメントのような存在で、本来はびっしり詰まっているはずのものですが、年齢と共に数が減るとところどころ穴が空いた状態になります。

 

その穴から水分が蒸発するようになるので、そうなるとスキンケアで埋める必要があるのです。