乾燥肌対策の基本

乾燥肌にはきちんとした対策が必要です。実は生まれついての乾燥肌という人はとても少なくて、毎日の生活の中で肌を乾燥させてしまう原因を作っていることのほうが圧倒的に多いのです。

 

自分で自分の肌をいじめるようなことは、もうやめたいですね。
気をつけるべき乾燥肌対策について、まとめておきましょう。

 

・クレンジングのダメージを軽減

多くの人は、クレンジングで肌を傷めてしまっています。肌に必要な保水能力は、セラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)、皮脂などによって保たれています。

 

クレンジングには油をごっそり洗い落とす成分が大量に含まれていますので、非常に大きなダメージを与えてしまう要因になりがちです。クレンジング剤にこだわることと、洗う時に摩擦のダメージを減らすことは、乾燥肌対策には無くてはならないものです。

 

・洗顔のダメージを軽減

クレンジングほどではありませんが、洗顔も肌のダメージを大きくする行為です。
肌の補修は夜寝ている間に行われますが、皮脂もまた、その時に修復される物質の中の1つです。

 

酸化してしまった古い皮脂は洗い落とさないとダメージになりますが、作られたばかりの皮脂まで落としてしまうのはNG。だから朝の洗顔は念入りに行うよりも、良い洗顔料を使ってさっと古い皮脂だけを洗い流す程度が一番良いのです。

 

・保湿の意味を考える

乾燥肌対策の一番のポイントは保湿です。でも保湿保湿と言っても、本当の意味をちゃんとわかっている人は案外少ないものです。保湿の意味には二通りあり、一つは自分が洗顔などでダメージを与えた分の補修、もう一つが肌のバリア機能を強化するためにはたらきかける保湿です。

 

特に年齢が進んだ肌には、積極的に介入して機能を高める責めのスキンケアも大事なポイント。昔から変わらない化粧品を使い続けていても、ある時期から効果が感じられなくなってしまった場合には、根本から乾燥肌対策を考え直す時期が来たのかな、と捉えたほうが正解なのです。