夏と冬の乾燥肌対策の方法

乾燥肌は1年を通じてずっとトラブルを抱えてしまう肌ですが、中でも特に注意が必要なのが夏と冬。それぞれどのような対策が一番良いのか、その違いについて調べてみましょう。

 

・夏の乾燥肌の特徴

夏は気温の高いシーズンですから、イメージとしては肌は汗でベトベト、皮脂も多めで湿っている感じですよね。でも実はこの汗が大きな問題で、肌を守るバリア機能まで汗によって流れ出てしまうために、夏の肌はとても乾燥しやすい肌になっているのです。

 

そして薄着を直撃する紫外線とエアコンの空気による乾燥も大きなダメージですね。

 

屋外でも屋内でも肌は常にいじめられている状態ですから、かなり気を付けなければいけない時期です。でも、逆に言えば、汗に対する対策、エアコン対策、紫外線対策などをすれば、比較的肌を守りやすい時期でもあります。

 

夏だからと言って保湿ジェルや乳液をサボるのではなく、ちゃんと清潔にして潤いを与えていれば、極端な乾燥肌に悩まずに済む時期でもあります。

 

・冬の乾燥肌の特徴

冬はとにかくどこに居ても避けられない厳しい時期です。

 

汗はかきにくいですが、逆に汗が皮脂とまざってヴェールを作ることがままならない状況でもありますので、肌が無防備になってどんどん傷ついてしまう危険性もあります。

 

空気中に水分が無いわけですから、とにかく自分でなんとか補給するしかありません。

 

夏と同様、エアコンの風はとてもダメージの大きいものですので、絶対に加湿器はかけましょう。外出する時には肌を寒風にさらさないことが一番ですから、乾燥肌の人は大きめのマスクでカバーするのもひとつの手段です。

 

・夏はこまめに、冬はがっちり

夏の乾燥肌対策は、化粧水やジェルなどの保湿成分を補給してもすぐに汗で流れてしまうので、一度にたくさんつけるのではなく日中こまめに補給するような対策が良いでしょう。

 

冬は朝からしっかり洗顔とベースのコンディショニングをして、隙のないようがっちり保湿することが大事。汗をかく心配はあまりないので、重ね塗りなどをして肌の層を作っておくと1日保つことが出来ます。