乾燥肌の人がファンデを落とす時の注意

乾燥肌の人にとってメイクと同じくらい大事なのがクレンジングです。

 

しっかりオフする必要がありますが、あまり強いクレンジング剤では肌が大変な炎症を起こしてしまうことにもなりかねません。そして、肌に必要なセラミドや天然保湿因子、皮脂膜などのバリア機能は取ってしまわないようにすることも大事。

 

実はクレンジングのほうが気を遣う点が多いのです。

 

・クレンジングを使う場合

一般的なクレンジング剤の場合、合成界面活性剤を使ってオフするものが多いでしょう。

 

タイプには、拭き取りやオイル、泡、ジェル、クリーム、ミルクなどがありますが、中でも拭き取りタイプは非常に洗浄成分が強いので注意が必要です。

 

とても手軽なのですが、乾燥肌の人にはちょっとおすすめしにくいですね。
比較的弱いのはジェルタイプですが、これも油性のものと水性のものとがあります。

 

出来れば合成界面活性剤を使っていないものや浸透性の低いものが肌にとっては良いのですが、それではメイクがちゃんと落とせない場合には本末転倒ですね。

 

なるべく避けるギリギリのラインを見極めるしかないでしょう。

 

・純石けんを使う場合

純石けんというのは添加物を含まない石けんのことです。
界面活性剤を含まないと勘違いする人がいますが、界面活性剤は石けんには含まれます。

 

それが石油系の合成界面活性剤ではないという意味で理解して下さい。

 

また、洗濯用などの純石けんには添加物が含まれる場合が多いので、表示が無くても肌に使うものとは一緒に考えてはいけません。

 

純石けんなら肌への毒性が低く、残留性も少ないので角質への影響が少なくて済みます。比較的お勧めできるタイプです。

 

・オイルやクリームを使う場合

界面活性剤不使用のオイルなどは、オリーブオイルやホホバオイルなど肌に優しい成分のものが多いです。ただ、あまりメイクを落とすチカラが無いので、何度も何度もティッシュで拭き取ったりする時に、自分で肌を傷つけてしまうことがあるのが問題です。

 

手間がかかりますが、丁寧に行う必要がありますね。