乾燥肌に良い食事・食べ物

乾燥肌を栄養面からアプローチしてみましょう。肌は自分で食べたもので出来ています。
3ヶ月前に何を食べたでしょうか?どんな風に食べたでしょうか?

 

それがそのまま今の肌を作っているということを忘れてはいけませんね。

 

・たんぱく質は必須

最近は日本人も誰もかれもがダイエットブームで、充分な栄養を取っていない状況が目につきます。肌の健康はたんぱく質から得られるということをちゃんと知らないと、大変な間違いを犯してしまいますね。

 

特に乾燥肌に必要なのがたんぱく質です。不足するとターンオーバーがガクッと乱れ、今までまったく大丈夫だった人でも肌の状態がガラッと変わってしまうのです。

 

・1日3食摂取する

食事はちゃんと朝昼晩と食べることが大事。
パンやおにぎりだけでは炭水化物ばかりで肝心のたんぱく質が摂れていません。

 

卵はとても良い食品なので、朝にはうまく採り入れたいですね。

 

比較的簡単に料理出来るソーセージやベーコンなども良い食品です。
肉食ばかりではなく大豆も良いたんぱく質ですから、納豆や豆腐なども良いですね。

 

・ビタミンを摂取する

ビタミンは、ビタミンだけではたらくと言うよりも、他の成分と一緒にはたらくことでとても高い効果を発揮する成分です。特に乾燥肌に必要なたんぱく質の吸収を助けるのもビタミンですから、野菜やフルーツを毎日採り入れるのは良い食事ですね。

 

何か一つの食品ばかりを食べる偏ったダイエットなどは、乾燥肌の大敵です。

 

全体の量やカロリーを制限するのは正しいアプローチですが、食品を限定するのは肌に対して良い方法ではありません。

 

乾燥肌に良いビタミン類とは?

 

・夕食は早めに済ませる

ダイエットともつながることなのですが、夜の間に肌が修復される時に必要なのが成長ホルモンです。思春期を過ぎても成長ホルモンはちゃんと毎晩分泌されてダメージを修復してくれるのですが、血糖値が上がっているとちゃんと分泌されなくなってしまうのです。

 

だから、肌のためにも夕食後すぐに寝るのはNG。
少なくとも食後2時間はあけて、しっかり睡眠を取れるようにスケジュールを組みましょう。